So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

ビリー来日!! [ショッピング]


TV通販ネット販売ともに大ヒット商品となり、
芸能人、有名人の中でも愛好者の多い
ビリーズブートキャンプ

そのビリーズブートキャンプの考案者、
ビリー・ブランクス氏が来日中です!

私はフジテレビの「とくダネ!」に出演中のビリーを観たのですが
印象として、身体がゴツいのは当然として、
優しい目をした人だなぁと思いました。

そして、ブートキャンプエクササイズの時同様
「熱い」!人、とも感じました。
とにかく熱く語り、
キャスターの小倉氏、佐々木恭子さんが何か話すと
何を言っているのか早く知りたいとばかりに
もどかしそうに通訳の方を見たり。

番組中、ビリーが言っていたのは、
5分でも10分でも、または休憩をとりながらでも
自分のペースでよいから、とにかく”あきらめないで”続けること!

案外、ビリーズブートキャンプの人気の秘密は、
このビリーの人柄にあるのかも…と思いました。

ビリーの掛け声でモチベーションが上がったり励まされたり。
あのCM観ただけでも元気がでます。

ビリーの来日で、またまた人気再燃の
ビリーズブートキャンプ」です。

”あのCM”もこちらからご覧になれます。

もちろん、これからのビリーの活動にも注目ですね。


エバラ食品「横濱舶来亭カレーフレーク」 [ご紹介いろいろ]

エバラ食品から発売されている「横濱舶来亭カレーフレーク」が
口コミで評判がいいということを知り、買ってみました。

こちらの「横濱舶来亭カレーフレーク」は、
もともとは販売する予定でなく、
社内向けのギフトセット用に開発されたものだそうです。
ところがそれが、大変おいしいということで評判になり、
それを大手スーパーのバイヤーが聞きつけて
商品化に至ったというから、どんなお味か期待大!

と、いうことで、早速作ることに。

パッケージ裏のレシピを見ると
材料は肉・たまねぎにんじん・水、といたってシンプル

ですが、我が家ではカレーというと
普段の野菜不足を解消しようと、とにかく大量の野菜を入れます。
そういうレシピにも合うのかどうか…と思いつつ、
にんじん・じゃがいも・たまねぎ・アスパラガス・ズッキーニ・
トマト・ナス・かぼちゃ…と夏野菜カレー風の材料です。
ほとんどラタトゥユに近い感覚です…。
画像にはありませんがもちろんお肉もちゃんと入れますよ。(笑)

「横濱舶来亭カレーフレーク」は名前のとおり、
カレールーがフレーク状態になっています。
溶けきれずにダマになることもなさそうですし、
炒め物など色々なレシピに使えると思います。
ドライカレーとか、作りやすそうですね。

ただ、こちらの商品は1袋180gで6皿分なのですが
これを半分だけ使うとか、そういう場合、
固形のルーだと小分けになっていたり
何等分かに筋目がついていることもあって
多少分けやすいのに比べて
カレーフレークを計ったり分けたりする時
少し手間かな?と感じました。

さて、我が家の野菜大量カレー、
具材が多いので水を控えめにして煮込んで
フレークを入れて…出来上がりです。
もう少し水が少なくてもよかったかな?

気になるお味は…スパイスが効いていて、
野菜の味もしっかり損なわないように感じました。
野菜から水分が多く出たんですが
特に味が薄いという感じもなく美味しかったです。

今回我が家で買って食べたのは
横濱舶来亭カレーフレーク【こだわりの中辛】。

他に

横濱舶来亭カレーフレーク【野菜仕立て甘口】


横濱舶来亭カレーフレーク【BLACK辛口】

もあります。

次はぜひ辛口を食べてみたいなと思います。


タテタカコさんの歌うことへの覚悟 [日々のこと思うこと]


5/20の「情報大陸」にシンガーソングライタータテタカコさんが
出演されているのを観ましたた。
実は番組を見るまでタテタカコさんのことは知りませんでした。

まっすぐで飾らない言葉と歌声、そして力強い瞳が印象的でした。
彼女は「ありのままの自分」ということを大切にして
歌に、歌うことに向き合っています。
ありのままの自分、そのままの自分を失わない為に
あえて上京せず、故郷の長野県飯田市で
活動を行っているのではないでしょうか。

ありのままの自分、自然体の自分をあらわす、と
最近よく耳にする言葉ですが
実際は口で言うほど簡単じゃない、そう思います。
かっこよく観られたい、すごいと思われたい、
いい人だと思われたい、周りに受け入れられたい…
どうしてもそういう気持ちが顔を出してしまう。
それらを振り切って消し去って、そのままの自分を表現することは
ある意味すごく怖いし勇気がいることだと思います。

でも…あえて、その怖さを乗り越え
そのままの自分をむきだしにしているからこそ
タテタカコさんの歌は心に響くのだと思います。
ただ心地いいだけの曲、気の利いただけの言葉(歌詞)では
決して人の心の奥底を揺さぶったりはしないから。

番組の中で、彼女はあまり詳細は語らなかったけれど…
「逃げた」経験を語っていました。
でも一時的に逃げられたとしても
常に全てのことから逃げ切れるわけではないのだから、
もう、逃げることはしない。
彼女はそんな「覚悟」のようなものを抱えて
歌っているのではないでしょうか。


前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。